ぜんそく吸入薬紹介【フルティフォーム®】

ぜんそく吸入薬|フルティフォーム|ぜんそくと肺のクリニック

フルティフォームはpMDIタイプの吸入薬

ぜんそくと肺のクリニックの院長の井上です。
今回紹介する吸入デバイスは、フルティフォームです。pMDIと呼ばれる吸入デバイスで、スプレータイプの吸入薬です。使い方としましては、まずデバイスをくわえる前に軽く息をフーと吐いていただきます。息を吸いながら吸入デバイスであるスプレー缶を押します。
吸った後に3秒間ほど息をこらえていただくと、肺の中に薬剤が行き渡るということになります。

1回2吸入などでお医者さんから指示される事が多いと思いますので、その場合はもう一呼吸でもう1吸入していただくことになります。

吸入後のうがいを忘れずに

そしてフルティフォームも吸入ステロイドが入っていますので、吸入した後はうがいをしっかりするようにして下さい。
少し欠点があるとすれば、吸入する時にデバイスを押すのが少し硬く感じることがあるので、硬いと感じられる方は補助器具もあります。
主治医の先生や薬剤師の先生と相談していただければと思います。

関連記事

  1. 喘息・咳の吸入薬について|吸入デバイス一覧画像|ぜんそくと肺のクリニック

    吸入薬について(喘息、せき):吸入デバイスからみた分類

  2. 吸入デバイス、吸入薬一覧|吸入薬の特徴についてのまとめ|ぜんそくと肺のクリニック

    喘息治療の進化:吸入トリプル製剤について

  3. 咳の種類について|咳でお困りの方は一度受診をおすすめ|日暮里|荒川区|東京|ぜんそくと肺のクリニック

    咳(せき)について

  4. 咳やたん等があると生活の質が低下します。|ぜんそくと肺のクリニック

    ぜんそくについて

  5. 喘息のバイオ製剤について|新しい抗体療法の紹介|ぜんそくと肺のクリニック

    喘息のバイオ製剤について:新しい抗体療法

  6. 肺炎球菌ワクチンは肺炎球菌感染症の予防に有効です|荒川区呼吸器内科ぜんそくと肺のクリニック

    喘息治療に加えて肺炎球菌ワクチン接種も重要?呼吸器専門医が語…

PAGE TOP